葬儀向きの選曲

葬儀向きの選曲 葬儀に向いている選曲は故人が好きな曲を流す事が多いようです。1番好きだった曲を流す事で故人を思い出しながら最後のお別れをしたいという気持ちが強いからです。また生前に亡くなった方がこういった曲を流して欲しいというリクエストをしている場合もあるようです。どういった曲がいいかわからない場合は、お別れの意味が含まれている曲を選ぶ事もいい方法です。別れの歌は洋楽や邦楽やクラッシックなど各ジャンルで様々なものがあり、メジャーなものからマニアックなものから選ぶ事が出来るので、全員が知っているようなものならさらにいいです。
クラッシックの名曲やロックバラードなどは壮大なオーケストラで演奏される事が多いですが、葬儀社では会社によって音楽葬に対応している所もあります。CDを流すのも良い方法ですが、生演奏は無機質なデジタル音源とは違ってあたたかみがあるので、人の心を揺さぶるような空間にする事が出来ます。そして式全体のバランスを壊さないような演出をしながら進行する事が出来ます。

葬儀でロックはOK?

葬儀でロックはOK? 葬儀は一般的に厳粛に行う意イメージがあります。そこから見るとロックなど問題外であると考えるかもしれません。しかし、葬儀は故人を送る目的で行われるものです。そのため、これを流して行うというのも悪いことではありません。現にミュージシャンの葬式でロックを流すということがありますし、実際に音楽葬を提供している葬儀業者もあります。故人がそれを希望することもあるでしょうし、故人が好きだった音楽を流したいという遺族の希望もあるでしょう。従来はこういったことはあまり考える人がいませんでしたが、最近は家族葬のようにオリジナルな形で行われるのが増えてきました。
音楽は、通夜式や告別式で流すことになります。演奏者を依頼する際には費用がかかりますが、自分たちで演奏するということもできます。音楽葬をあらかじめサービスに取り込んでいる業者を利用する場合は、音楽の演奏をオプションとして一体的に依頼することができて便利です。