葬儀での生演奏でよく使われる楽器

葬儀での生演奏でよく使われる楽器 葬儀は、料金形態が不明瞭かつ相場も業者によって大きく異なるだけで無く、金儲けを一番の目的とする葬式仏教からの離反が増加すると共に関東圏では家族葬が増えている事から生演奏を行う自由葬が増加しています。
生演奏でよく使われる楽器には、フルートやヴァイオリン及びチェロなどの楽器が用いられ、故人の好みや故人が実際にやっていた楽器による生演奏が最も多く行われているのが現状です。
生演奏が行われるタイミングとしては、僧侶が入場する前と僧侶の退出後のタイミングで故人の好きだった曲や所縁の曲の生演奏が行われ、演奏に合わせて故人を偲ぶ映像や写真を映し出す事を希望する遺族が多くいます。
現在では、拝金主義の葬式仏教を嫌悪する遺族が増加しており葬儀中に僧侶による読経自体が無い葬儀が多く、通夜や告別式の最初から最後まで演奏を希望する遺族が増えています。
また、葬儀の湿っぽいイメージを払拭する為に故人の好きだったジャズなどアップテンポな曲を選曲する方が多いのも現状です。

葬儀でかける曲は故人の好みに合わせて選ぶのも手

葬儀でかける曲は故人の好みに合わせて選ぶのも手 葬儀でかける曲は故人の好みの物に合わせるのも良いでしょう。
読経の最中は無理ですが、その他のセレモニーの最中は通常耳に残らないようなBGMが流れていることが多くあります。
葬儀のお手伝いをしてくれる業者の方に相談して流す曲を変更する事も可能です。
故人がハードロッカーだったりミュージシャンだったりする場合、葬儀にふさわしくない派手な音楽になる場合もありますが、遺族や親戚等の了承が得られれば可能かもしれません。
故人が好きで聞いていた歌手の音楽やクラッシックなどは無難ですので、相談してみるのも、故人を送り出す一つの手段として良いでしょう。
その際はCDやカセットテープ等を用意しておきましょう。
どこで葬儀をするのかにもよりますが、自宅でなく、セレモニーホールなどで行う場合は用意しておかないと、有線などに音源がない場合がありますので注意しましょう。
故人との最期のお別れの儀式ですので心残りのないように、よく話し合って決めるのが良いでしょう。