葬儀場で生演奏してくれるサービスもある

葬儀場で生演奏してくれるサービスもある 音楽が流れる葬儀は、参列者の心をなごませて悲しみをいやすとともに、故人の人となりを表すものとなるでしょう。
音楽葬というと音楽を中心とした自由な形式で、通常読経などは行わない無宗教の形式となりますが、音楽葬とまではいかなくても、通常の形式の式に生演奏を加えるサービスを行っている葬儀社もあります。
サービス料金は、人数やグレード、楽器などによってまちまちですが、30000円前後で一人の演奏者を派遣してもらえて人数がプラスするごとに20000円プラスというようなお手頃価格でできるサービスを行っているところもあります。
故人の好きだった歌や、よく聞いていたクラシック音楽などを式のプログラムに織り込むようにして音楽を流したり、喪主や参列者のあいさつなどに合わせて音量を調節し臨場感を高めることもできるので、他にはない心のこもった葬儀とすることができます。
演奏に際しては日本音楽著作協会と利用許諾契約を締結している業者がほとんどで安心です。

CDを葬儀中にかけてもらうことはできるのか

CDを葬儀中にかけてもらうことはできるのか 大切な親友や親戚、両親等が亡くなってしまった場合には悲しみに暮れることになりますが、故人のためにもしっかりと葬式を挙げる必要があります。
ただ葬式を挙げる際には葬祭場や火葬場等を手配しなければならず素人で行うのは不可能に近いので、業者に葬式の依頼をするケースが殆どです。
今では大きな葬式から家族葬まで色々な形の葬式を執り行っている業者が多いので安心して任すことが出来るのでとても便利で、無理なこともある程度聞いてくれるのでとても助かります。
例えば亡くなった人が好きだった音楽を聴いてもらいたいので葬儀中にCDをかけてもらえる業者も多く、それにより納得して故人を見送ることができます。
音楽と言うのは非常に心に響くものなので、亡くなられた方が好きだった音楽を葬儀中に流すことは見送る方にとっても心が安らかになるものです。
業者の方でもその点をよく理解してくれているのでCDを葬儀中にかけてくれる業者が殆どです。