バラードは葬儀に合うかも

バラードは葬儀に合うかも 日本国内では、故人の宗旨宗派に合わせた僧侶による読経や高額の戒名を刻んだ位牌などを必要とする従来の葬儀を執り行う一般家庭が非常に少なくなっており、従来の宗教観に制限される事のない家族葬や直送などを行う遺族がしている事から音楽葬を執り行う一般家庭が増えています。葬儀は、大切な人を亡くした事を偲ぶと共に故人の旅立ちを促す弔事なのでしめやかに行なわれるイメージがあり、哀愁を感じるバラードや有名な葬送曲を選曲される事があります。

しかし、大切な故人を送り出す弔辞なのでイメージにとらわれること無く、故人の好きだった演歌やフォークミュージックを選択する遺族が多くなっています。現在では、20年以上続く経済不況に起因して規模の縮小及び費用の削減が行われて来た事で葬儀の常識が変化すると共に無くなり、音楽葬や花葬及びお別れ会など従来の宗教観にとらわれない形で行われ、故人も生前に自分の葬儀をプロデュースするケースも増加しています。

葬儀でも他の場面でも馴染むのはクラシック

葬儀でも他の場面でも馴染むのはクラシック 葬儀で音楽を流したい場合は故人の好きだった曲を流すのもひとつの方法ですが、どの曲にするか決め兼ねた場合はさまざまな場面でも馴染むクラシックが最適です。多くのクラシックは柔らかな音を奏でる管楽器と弦楽器などで構成され穏やかなメロディで癒しを与えますが、ある種の周波数を発しておりそれを聞いた人間の脳内ではアルファ波が生成されリラックス効果がある事も科学的に証明されています。

葬儀会社の担当者との打ち合わせの際に使用する楽曲について相談したり提案される事がありますが、著作権団体が権利を保有する音楽を使用する場合は別途著作権使用料が請求されたりパッケージ料金に音楽使用料が含まれているケースもありますが、原作者の死後50年を経過した楽曲であれば著作権保護期間が失効しているため、著作権使用料が発生せず無料で利用できるというメリットがあります。何より葬儀場でクラシック音楽を流す事で参列者の方も穏やかな気持ちで故人に思いを馳せる事ができます。